量椀は、菩薩から穴寅レ如来に得度し、悟りとギャンブラーの無相に挑む。

如来の定義は 修行を完成させた者の称号。ここで、儂はその対極である迷いの究極ギャンブラーを、一旦仮に如来と対比させ、その無相を得ることを、今後の目標とする。さらば菩薩道。生涯をかけて体得する。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック